« 世界の終りとハードボイルドワンダーランド | トップページ | 羊をめぐる冒険 »

仮面の告白

仮面の告白 (新潮文庫)

仮面の告白 (新潮文庫)

著者:三島 由紀夫

仮面の告白 (新潮文庫)
デビュー作にして代表的名作ということで

まさにそのとおりだなと思われました。
いやいや三島を初めて読んだのですが、しかしこれ一冊であれやこれやと語りたくなるような、それくらい作家の性格が強く滲み出ている作品でした。

うむぅ。辞意を耽美的にかかしたら日本一みたいなね。
(かく・・・
またつまり認めざるを得ない才があり

一方で結局人間は一人で
その人が作る作品はその性格を有せざるを得ない、
あるいみ一人の人間に作り得るものは結局一種なのかもしれない

とにかく読みがいのある、確かに名作です。

|

« 世界の終りとハードボイルドワンダーランド | トップページ | 羊をめぐる冒険 »

独断偏見読書覚書」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 世界の終りとハードボイルドワンダーランド | トップページ | 羊をめぐる冒険 »