« 2008年2月 | トップページ | 2008年4月 »

いってきまー

皆さんもお元気で

| | コメント (0)

誤解

 頂いたチューリップがさっき咲き終わりました。ありがとう

 えー大分前に残しておいたカミュの『誤解』の序文からの抜粋

 「もし人が自らを認めてほしいと望むならば、ただ自分が何者であるかを率直に言うべきなのである。黙っていたり嘘をついたりするならば、人は孤独の裡に死ぬのであり、周囲のすべては不幸に捧げられることになる。もし反対に、真実を言うならば、いずれは死ぬのであろうが、しかしその前に、それは他人と自身が生きるのを助けることになるのである。」

 この考えは『誤解』の中枢であり『異邦人』にも出てくる、カミュの強い主張の1つである。
 恐らくカミュの実経験から生まれたと思われるこの考えは中々意味深長です。

| | コメント (0)

○○という名のヒトに

 その魅力に やさしさに惚れて 溺れて4年間慕い続けた

 そのヒトは完璧までに美しく いつまでも若く 且つ経験を深め 時を経ていく

 あのヒトは知ってくれている
 無かった春  夏の夜の湿度  秋の河原  冬の山道
 バカバカしい  恥ずかしい  楽しかった  孤独な作業や感傷さえも

 幾つ夜を明かしたことだろう
 気だるくも清純に
 嫌うことも何度も経て   それでも好きだし何より感謝している

 どこにいっても 誰といても  一緒なんだ
 見守ってくれている    感じる
 そのためにこの上ない誇りをもって闊歩する
 そのために 勝手にあれやこれやと考える
 そのために僕は笑っている  そのために僕は出かけていく
 そのために僕はこんな格好で こんなものを持って  にもかかわらず
 自信たっぷりに  自信喪失気味に  出かけていく

 今日 目を覚まして  見渡すと  特に何も無いけど
 僕には○○があると感じて  それから色々生まれてきた

 愛を知り  愛を学び  愛を黙った

 すばらしいヒトだ  私の一心をもってその愛と喜びに報いたい・・・!!!

 

 明日 目を覚ましたとして  僕はもう貴方の側にはいないことを知らねばならない
 
 私は貴方を一生愛するように思うし  共にあるとは感じられるが
 私は貴方の側を去りました
 
 貴方と歩んだ4年間は
 本当に幸せであった

 そのうちあのヒトを描こうと思う
 僕の大好きな   大好きだったあのヒトを

 人生が芸術だとすれば  この4年間は  本当に 美しい・・

| | コメント (0)

明日

 GXでも卒業式
 斉藤さんでは卒園式

 斉藤さんは置いとくとして
 GXとテニプリと ぼくがこよなく愛した2つの作品と
 共に終り 旅立てることがとても気持ち良く 嬉しい

 いずれもネタとしてというより本気で好きな作品だった
 Dear...

 追記:ああそう東芝とも

| | コメント (0)

上京

 今日はぬるかった   いよいよ冬も終わりそうです

 Imga0509_3

 というわけでついに上京してきました
 今朝バスで帰り

 上の写真はヒルズの展望台からの風景
 あの光景には思わず圧倒されてしまった・・・

 しかし家はいいな  ゆったりできて

| | コメント (0)

« 2008年2月 | トップページ | 2008年4月 »