« 雑記 | トップページ | 戦記ブーム »

インパール

Book インパール―「烈兵団」重機関銃中隊の死闘記 (光人社NF文庫)

著者:上村 喜代治
販売元:光人社
Amazon.co.jpで詳細を確認する

 イメージがないのは残念ですが非常に良かったので
 
 どう良かったか簡潔に言うと実におもしろかったです。
 誤解を招かないように言っておくと 
 決して戦争が まして最悪の戦場と言われたインパールがおもしろおかしいということではありません。
 しかし著者の人柄というか・・展開というか・・
 戦争だからただ悲惨ということではなく、極限の状況の中でも笑いあり涙ありの普遍的な人間ドラマが繰り広げられていて、それが素直に表現されているんですね。そこが素晴らしいと思いましたし、純粋におもしろかったです。
 戦争物というとどうにも只管悲惨なものが多くて、もちろんそれは当然のことかもしれないけれど、あまり読む意欲が湧きにくいというのも事実だと思います。その点、この本はドキドキどんどんと読み進めることができました。

 またこういった本で気をつけなければならないのは、その思想的偏りですが、その点においても、記録をできるだけ正確にしようという姿勢があり、戦争に対して賛嘆もしなければただやたらと否定するということもなく、自らと他の人たちの体験を純粋に伝えようとしておられるので、適切なものだと思います。(もちろん主観は疑いようもありませんが)

 祖父が関わったインパール作戦の本でも、と思って偶然手にした本でしたが、思いがけない良書で良かったです。図書館で借りましたが購入して傍に置いておこうかと思っている位です。戦争ものとかそういうジャンルに限らず、実におもしろい本ですよ。
 
  

|

« 雑記 | トップページ | 戦記ブーム »

独断偏見読書覚書」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 雑記 | トップページ | 戦記ブーム »