« 2007年4月 | トップページ | 2007年6月 »

避け得ぬ道

 通り得ぬ道があれば 通らざるを得ない道もある

 現実への妥協 それはできるけどしない というわけだ

 どんどん身動きもとれなくなり 希望も狭まっていく そして終る

 ぼくはもはや砂地獄の中だ

| | コメント (0)

なんかもうよくわからんね

意味わかんねーよ

 Golden Best ~15th Anniversary~ (通常盤)

| | コメント (0)

 いつか来た境地

 全てどうでもいいようなことだ

| | コメント (0)

鰐よさらば

 お世話になりましたね

| | コメント (0)

異邦人

 やはり何かカミュとは非常に近しいものを感じる・・・

 -29日 本日読み終えました・・・
     こういう感想を持つ人がどれくらいいるかわかりませんが
       ぼくは泣きたくなりました
     ムルソーはまるで自分の様に思えました
     ムルソーに不可解な所など実はほとんどなかった
     異邦人とはムルソーというよりむしろ他の、特に裁判所の人間たちであった
     異邦の地で異邦人に異邦の法で裁かれる
     それは全く不条理なことで
     でも一切はどうでもいいように見える

 「あなたはどんな人間ですか?」

 「そうですね。例えるならばカミュの小説『異邦人』の主人公ムルソーのような人間です」 

| | コメント (0)

通り得ぬ道

 孔明曰く 「遠回りなさいますな」 と玄徳に
  今その言葉の深みがよくわかる

 この道を行けば早い とわかっていても進み得ないことがある
 遠回りばかりの人生 道半ばで終る

 それはそれで価値がある とはここでは敢えて言いたくない
 むしろ 全くの無駄である と認識してなおかつ遠回りをする
 不条理な人間であろう

| | コメント (0)

間違いだらけで正解?

 今日も間違ったことをたくさん言って

 間違ったことをたくさんして

 間違った生き方をしてしまいました。
 どうもごめんなさい・・・

 今日もたくさんの罪を背負って寝ますね

 

 きっと間違いはいくら積んでも間違いのままさ

| | コメント (0)

ヒイヒ

 建設的なことは一切気だるく
 非建設的な衝動は抑えがたい
 膝は勝手に崩れるし
 じっとしてもいられない

 今なら病院でもそれなりの称号がもらえる
 いりませんがね 情けねぇ

 芸術の素晴らしいところというか 皮肉なところというか
 こういうときには こういうときにしか描けない様ないい絵が描ける
 絵に限らずですが・・・もちろんそんなことできないわけですが・・・

| | コメント (0)

勢い

 1人だけ死ぬのはさびしい

 でも皆が死んでいくのなら

 むしろ生きている方がさびしいな

| | コメント (0)

モチの木

 たまにはこんな話も 

http://www.mainichi-msn.co.jp/tokusyu/horidashi/news/20070508mog00m040006000c.html 

| | コメント (0)

がんばれ俺

 俺がんばれ

 がんばれ俺  俺がんばれ

 

 

| | コメント (0)

うん まぁ そうなんだ(´・ω・`)

 もうGWも終わりで 何ということもないんだ

 もう大分投げてるんだ

 どうしようか?

 「難しいか 苦しいか
     怠惰な人間には何も守れないぞ」

 うん まぁ そうなんだ

| | コメント (0)

ふらふら

 今にも崩れて倒れこんでしまいそうだ
 何とか立っている
 頭の中で考えがぐるぐる廻って
 腹はふつふつ煮えくり返って

 息苦しい
 倒れこみたい
 でも何とか立っている

 もう言葉もない

| | コメント (0)

摩天楼の下で力尽きる

 高すぎる 重すぎる 息苦しすぎる こんなところで死にたくない

 こんなところで生きたくない

| | コメント (0)

・・・・

 なぜかな

 同年代の若者より
 ホームレスのおじさんとかの方が共感が湧くのは

 ゴミをあさったり 外で1人でめしを食ったり
 地べたに倒れこんだり

 ちょっと変なことをして 身なりもパッとせず
 そんな姿がぼくには似合うね

| | コメント (0)

« 2007年4月 | トップページ | 2007年6月 »