« ヤベぇ | トップページ | ハーッハッハッハッ!!! »

真の成果主義

 いつもの如くの政治関連番組を見ていて思った。
 毎度の如くの政治家・官僚批判
 それはそうなんだろうが・・・
 そう「いつもの如く」なのだ
 なぜ問題点が指摘されているのに中々変わらないのか
 政治家が・・・官僚が・・・
  という問題提起を越えて
 実際になぜ世の中は良くならないのか?を考える。

 それは誰も現実を変える力を持っていないからではないか?

 いえ 決して人間が宿命的に無力だといいたいのではないです。
 ただ TVの前で文句を言う視聴者や不満はあるけど投票にすらいかない若者
     私腹を肥やすことに走ってしまう人達

   何にも現実を変えてはいない

  現実を変える際 それは現実として世界に存在するエゴや人間の性
   実際に1人の人間にできる行動  社会的圧力
  あらゆる現実を認めた上で 「さて何をどうすれば実際に変えられるのか?」
     それが問題なのではないか

  もちろん意見を持つことは重要だが どんなに政治家を批判する気持ちを持ってもそれだけでは彼らの行動は変わらないだろう
  だが 例えばその意見をある人に話したとすると それが影響して
       ごくわずかだがこの現実世界が変わるかもしれない

  もっと行動的な人なら政治デモを引き起こせるかもしれない
   そうするべきだというのではなく
  こういう問題に直面したとき 多くの人が「実際論」に欠けているのではなかろうか
   と思うのです

  意識して  行動となって

  実際論としての成果主義    言葉足らずです

  書き直します。   ・・・いつか 今は無理。

|

« ヤベぇ | トップページ | ハーッハッハッハッ!!! »

思想」カテゴリの記事

コメント

埼玉の知事さんが問題発言しましたね。
懲りない政治家が多くて困ったものです。

投稿: toshiki | 2007年4月 3日 (火) 17時19分

度々どうもです。見苦しい文章をお見せして
申し訳ないです(^^;)

投稿: アッシュ | 2007年4月 4日 (水) 19時25分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ヤベぇ | トップページ | ハーッハッハッハッ!!! »